懲罰器具紹介

実際に懲罰で用いている器具の紹介です。
ケイン?
スパンキング懲罰における定番の道具。籐(ラタン)を素材とするものが一般的。当矯正院では太さの違いにより、小ケイン、中ケイン、大ケインとしている。尻を打った際は、特徴的な二本線の蚯蚓腫れを刻む。かつて英国では公認の懲罰道具として実際に使用されていた歴史を持つ。振りが良く、非常に扱いやすく、尻に適度なダメージを与えることが出来るため、主要道具として大変重宝している。
 
ケイン
木製パドル
スパンキング懲罰に用いる道具。木製でそれなりに厚みがある。片手で扱えるサイズで、オーバーザニーの姿勢においても使用することが可能。ただある程度の回数を課す場合、何回も同じ場所を叩かねばならず、ダメージが皮膚の深部に蓄積しやすいため、最近はあまり用いていない。
 
木製パドル
浣腸用ガラスシリンジ
浣腸用のガラスシリンジ。当矯正院では200ml用のものを使用している。嘴管は太く、肛門に突き立てた際はかなりの違和感を与えることができる。用いる際は、生徒の肛門を傷つけないように、ワセリンを塗ってから使用しなければならない。薬液を直腸内に注入している間は、動くと非常に危険であるため、かなりの刺激が加わるが、不動でなければならない。
 
浣腸用ガラスシリンジ
白色ワセリン
浣腸、肛門懲罰の際の潤滑剤として使用。長時間効果を発揮するため重宝している。塗った瞬間のヒヤッとした感触が特徴。本来ひびやあかぎれなどにも効能があり、懲罰の際には肛門を守るためにも、丹念に塗りこむ。ただローションタイプの潤滑剤に比べ、水で洗い流しにくいため、懲罰後しばらくは肛門のヌルヌル感がとれないのは覚悟していただかなければならない。
白色ワセリン
グリセリン?
浣腸液の調合に用いる薬液。一般的に浣腸液といえばグリセリン溶液のことを指す。原液を精製水で薄めることにより、濃度を調整している。グリセリンが直腸内に侵入すると、腸壁の水分を奪おうとし、それにより生理的に過度の蠕動運動が引き起こされ、薬液の排泄を促そうするが、懲罰においては規定の時間、肛門括約筋をしっかりと締めることで、この生理作用に逆らって薬液の排泄を押さえていただかなければならない。懲罰に耐え切るにはかなりの体力が必要となる。
 
グリセリン
精製水
浣腸液の調合の際、グリセリンの濃度を薄めるのに用いる。水道水に比べ不純物が少ない為、懲罰ではこれを用いなければならない。
 
精製水

PAST INDEX FUTURE

 

ホーム 施設概要 基本理念 校則 入学案内 在籍名簿
懲罰記録 代表プロフィール 懲罰器具紹介 懲罰ブログ 掲示板 リンク集

shinsekai772@yahoo.co.jpメールはこちらまで
 
Allrights Reserved 2001.
 
 
inserted by FC2 system inserted by FC2 system